FC2ブログ

和歌山・紀南地方の釣行記

自然に恵まれた和歌山県紀南地方で釣りを趣味とするあるおやじの釣行記です。お気軽にコメントください。

寿司ネタ

家内に「実家でアジもらって、明日、お寿司するからカマスでもイカでも釣ってきてー。」とお願いされ、仕事が終わってからカマスとイカ狙いで出発。

まずは新宮港でカマスをねらいますが、月夜で潮も動かず、ポイントを移動しながらつりましたが、あたりもなし。

N.O君も合流し、勝浦へ。

勝浦では先日50センチのカマスが上がったという事だったのですが、平均サイズは新宮港よりも小さいらしい。

ポイントへ行く前にいつもしているポイントでヤエンをしている釣り人に様子を聞くと、2回ぐらいあたりがあったけど、ようとらんかったと言っていました。

目的のポイントに着くと、潮が少し動き始めたようで、ベイトも動き出しました。

ワームを投げてカマスがいるか探りますが、まったくあたりなし。

では、カマスがまわってくるまで、エギングでもと場所を変えながら投げてみますが、あたりなし。

「おいおい、このままズーボじゃないやろなー・・」と不安を抱きつつ、エギングやルアーを交互にやってみますが、まったく気配なし。

さっき、新宮港へ勝浦の人が釣りに来てた訳がわかりました。(笑)

「新宮へもどるかー」と二人。

新宮港へ行くと、ベイトがバシャバシャいっています。勝浦とは大違い。(笑)

さっそく、ワームをキャストすると、コン、ゴンとあたりがあります。カマスです。

水面をみると、プシュッとベイトをカマスが捕食しているのもみえます。

しばらくすると、ゴン、グングンとのってくれました。30センチほどのカマスです。

小さいなー。と思いつつ、またしばらくすると今度は結構いい引きがきました。サイズは40センチ。ふとっちょカマスです。

すると、その横でN.O君が、あっおとした・・と悔しがっています。

今日でカマス釣り3回目のN.O君、3度目の正直となるかと思われたのですが、おしくも落としてしまいました。

でも、俄然やる気が上がったN.O君。電灯周りと暗いところとの境目にポイントを移して真剣な表情でキャスティング。

すると・・・「やったー!つった!!」満面の笑みで僕のところへ走ってきました。

やっぱり、3度目の正直や。よかったねー。

ナイフで絞め、袋に入れてN.O君もうれしそう。

二人で騒いで、一段落して釣り再開。

それから、明かり周りを二人で攻め、ほぼ同時にヒット。

結局、4時前まで釣りをして私が6匹。NO君2匹。

寒かったですが、楽しい釣行でした。

カマスは酢で絞めて美味しいお寿司になりました。
  1. 2006/11/30(木) 20:07:37|
  2. ソルトルアー・ジギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨ニモマケズ。風ニモマケズ。

土曜日の晩
携帯電話のメールにて

Y.N「明日、串本何時からいく?」(エギング)

私「雨、風でもいくん?」

Y.N「雨にも負けず、風にも負けず!」

私「じゃあ、3時30から4時30ぐらいまでカマスしてからいくか。」

日にちが変わり・・・

3時起床。雨はまだ降っていない様子だが、風は台風並み。

ポイント着くと、すでに知り合いの2人が釣っています。一人はカメラマンでもう一人はホテルマンです。

私「どうっすか?」

カメラマン「結構つったよー。11,12匹はあるんちゃうかな?」

私「マジっすか?ええなー。」

ホテルマン「僕は2匹・・・」

私「あら?(笑)」

私「何時に来たんですか」

二人「23時ぐらいかなー。」

よし、がんばろう!と気合を入れてタックルを準備すると雨が降り出してきました。

投げてみるとあたりはありません。風は東から強く吹いてきます。

しばらくし3人で並んで投げますが、あたりがなく、カメラマンとホテルマンは他のポイントへ移動しました。

一人になり、さびしくなりましたが、これでどこでも投げ放題!と前向きに考えます。

しばらくすると、ガンとあたりがあり、リトリーブを少し落とすとグングンとのってくれました。

サイズは30センチほどで小さいですが、まあ良しとします。

それから続けて2匹上げたところで、時計をみると、4:30分。

あれ?Y.N君は??

メールを出しても返事がありません。これはまさしく寝坊。

まあ、釣りしながらまってようと、投げますが、あたりはぴたっと止まってしまいました。

暇をもてあまし、ガシラでもつれんかなーと堤防のヘチに投げて巻いてみますが、あたりもありません。

雨は降ったり、やんだりしていますが、風は以前とても強く、これで串本へ行ってエギングできるんかなーと不安になります。

6時前になりY.N君と合流。寝過ごしたということでした。(笑)

まあ、6時前でも早いですからね。釣り人の時間感覚は釣りをしない人にはなかなか理解されなかったりします。

カマスのあたりもないので、串本へ向かうことに。

まずは大島の田代漁港。

ポイントに着くとすでにエギンガーが並んでいます。こんな天候やのに・・・

車のナンバーは京都、大阪、名古屋・・・たしかに遠くから来たら竿を出さずじまいというのは寂しいですからね。

しかし、釣果はやはり悪いようです。イカの入った袋をさげているのは10人に1人ぐらいでしょうか。

まあ、とりあえず前向きに二人並んで釣りを始めますが、やはり風、しかも雨も強くなってきています。

しばらく投げても、あたりはありません。イカがいないのか。スレてるのか。新しいスクールが流れてきたらつれるかなーなんていろいろ考えます。

少しポイントをずらすと、ナマコがヒット。(笑)次にタコがヒット(笑)

肝心のイカは釣れません。エギを変え、ジャークを変えてもまったくだめ。

すると、少し離れて釣っていたY.N君がヒット。串本サイズではありませんが、アオリをヒットしてくれました。

僕は新品のエギエスツーをロストするし、つれないわで散々。

よし、ガシラを釣ろう。テキサスリグを用意してテトラの穴に入れて回りますがこれもノーバイト。

Y.N君もその後、タコを釣りましたが、イカは釣れず。

ポイントを変えることなり、風を考慮して潮岬を超え、周辺の港をまわりましたが、やはりだめ。

どこに行ってもエギンガーだらけ。

最後に江田港を見ると人がいません。竿抜けしていればと考え、竿を出すことに。

すると1投目。Y.N君にヒット。そして私にも待望のアオリイカがヒット。続けてサイトでもう一匹。

やっぱり、竿抜けポイントは活性が高いようです。その後、人が来て投げていますがあたりはなく、こちらもあたりはなくなってしまいました。

ヒラメなんかもねらってみましたが、これもルアーをロストし終了。

遅めのランチを取ると、嵐のような雨と風。これでは釣りにならないと串本を後にしました。

新宮港付近にくると、時間はちょうどカマスの時合。(笑)

Y.N君「雨にも負けず。風にも負けず。」

そのとおり。釣りバカは雨も風も関係ありません。

雨、風<時合

早速、用意をしていると、すでにカマスを釣っていた人がひどい雨のため避難してきました。

7,8匹つったよ。といっていました。

またやる気が出て、竿を出しますが、あたりはとても渋いあたり。そのうちその渋いあたりもなくなってしまいました。

場所を変えてなげますが、あたりなし。

Y.N君「ちょっとエギしてみるわ。」と投げると、「ヒットー」の声。

なんと上がってきたのはワタリガニでした。Y.N君はタコ、イカ、ワタリガニの3目

私はカマス、ナマコ、タコ、イカの4目。あとひとつで5目釣り達成です(笑)

その後、ようやくあたりが出始め、カマスが上がり始めました。

結局、5匹のカマスを上げて納竿。

聞くところによると、隣町の港では50センチのカマスが上がったそうです。

すごい。
  1. 2006/11/26(日) 22:27:17|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

悪天候

ポイントにはいると餌釣りの人がベストポジションを取っていました。
しかし、人はさすがにこの時間帯はおらず、私とその餌釣り師と2人だけでした。

グラスミノーのパールグロウMを投げますが、まだ時合には早いようです。

3時半になりあたりが出始めました。ガン、おーあたりや!こい!のれ!グィーン・・グングン・・のってくれました。

ようやく1匹をあげ、それからしばらくあたりはあるものの渋い食いで針にはかかりません。

4時になりO.N君が到着。カマス釣りは初めてのN.O君。とりあえず説明してからO.N君はタックルの準備をしに車へ。

すると、ガンッ!グングン!ヒット。そしてこれが最大の時合いながら最短の時合でした。時間にして5分。

上げたカマスは4匹。投げると3秒で食いつきます。

そこへN.O君が帰ってきました。

私「今、時合やで!」

N.O君「まじか!よっしゃ!」

と投げますが、二人ともあたりが遠のいてしまいました。

あらら?終了?

結局、あたりもしぶしぶのあたりに変わってしまい、その後、なくなってしまいしました。

でも、やり方は分かったらしいので、また来てぜひカマスを上げてほしいとおもいます。

ちょうどマズメも近づいてきたので、ポイントを移動する事にしました。

最初は宇久井、次に湯川と回りましたがやはり風が強くエギングになりません。

最終的に、昨晩に行った勝浦港に行きました。ここは追い風3メートル程でしょうか。

しかし、竿を出しますが睡眠不足で集中力が途切れます。

N.O君にコーヒーを買ってきてもらい、集中力が少し増しましたが、あたりもないせいか全くだめです。

私「ガシラでもいく?」
N.O君「よっしゃっ、いこか!」

ポイントを紀南釣具センターの店長K.Kさんに教えてもらいポイントに向かいます。

さっそく、車を停め、テキサスリグとワームを用意してポイントまで歩いていると、すごい風のため外海に面したテトラを超えて波が来ています。

それでもポイントまで歩いていくと、湾内ながらかなりの波と風。風は体を持っていかれそうなぐらいすごい風です。

少し、やってみましたがとても釣りになりません。

二人「あかんね。かえろか。」

と天候に負けた一日でした。
  1. 2006/11/25(土) 19:09:48|
  2. ソルトルアー・ジギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徹夜

土曜日、いや正確には金曜日の22時から、12時間の釣り行となりました。

金曜日の晩、仕事が終わり、家までの帰路で散髪でもしようと思いつき、友達の美容師O.Tに電話したのですが、留守番電話。んーしゃーない、家に帰ろう。

家に着くと21時。明日の朝は3:00起き。N.O君とカマスから始める予定です。早めに風呂に入って寝よう。

とりあえず、Y.N君に明日の予定をメールしておくかー。と携帯を手にメールを打ちます。

「明日は3:30からカマス、マズメからはイカ行ってくるわー。」

その送信メールの30秒後、Y.N君から電話。

Y.N君「今、ちょうど勝浦のホテル○○の後へリベンジいきやるんやわー。こんか?」(エギングです)

私「まじか・・・明日は朝早いから、今から風呂でも入ってと・・・」

Y.N君「まあ、こいよー。こんのか?」

私「行く。」

ほんとに釣りバカです。(笑)

タックル、道具はすべて車に積んでいるので、着替えるだけ。1分で着替えて、2分後には車は発進。

途中、美容師のO.Tから電話。

O.T「どした?」

私「いや、さっきの電話は散髪のお願いの電話やったんやけど、今はなぜか釣りに向かってる。(笑)こんか?」

O.T「今日はスタッフがまだ練習しやるからあかんわー。明日か明後日いくわ。」

私「分かった。散髪また頼むわ。」

O.T「おう!」

すると今度はY.N君から電話。

Y.N「あかん!風強くてここはあかんわ!湾内に移動するわ。」

私「そうやろなー。北東やもんなー。そこはもろやで。湾内しかないやろね。そっちに向かうわ。」

勝浦の湾内に移動。ここは車横付けできるし、外灯で明るいし、トイレもあるし、とっても釣りやすい場所。人気のポイントです。

ポイントに着くと何人かのエギンガーがすでに入っています。

風は追い風1メートルほどでしょうか。潮は下げ2分ほど。濁りは少し入っているようです。水温は計っていないですが、手触りは暖かいです。先日は外海は19度だったようですが、ここはどう考えても20度以上。

ベイトはほどほどにいそうです。

Y.N君を見つけ、その横に入ります。

私「どう?」

Y.N君「いや、まだ1投目なんや。」

2人で並んで竿を投げます。

ですがしばらくはあたりがありません。

あかんねー。といつものセリフがお互いの口から出てきます。

すると突然、Y.N君が「きたー!」と興奮した様子です。

海面に姿を見せるたそれは、小さいタコでした。(笑)

二人「あらら・・」

それをリリースして、釣り再開。

すると、あの感覚が私の竿へ。

ガン、グン、グン、グィーン、グン、グン・・・。

これは間違いなく暴れん坊のコウイカです。

海面から姿を出し、抜こうとすると、これでもかと言わんばかりに2メートルほどの高さの潮を吹きます。

やはり暴れん坊。グラムは300ほどで小さいですが、美味しいのでお持ち帰りします。

コウイカは身は厚いし、アオリよりもイカらしい味がするような気がします。

その後はさっぱりあたりはなく・・・納竿。時間を見ると2時。

2時?という事は、そのまま新宮港へ行って、休憩してカマスかー。

Y.N君は仕事なので帰る事に。途中ラーメンでも食べに行くかー。と言っていたのですが、どこも開いているところはありません。

紀南地方は釣り環境には恵まれても、飲食店には恵まれません。(笑)

あきらめてY.N君は家路に、私はコンビニでカップラーメン。

ポイント近くの駐車場で休憩していると、車の音が聞こえ、早速ポイント入りしている人がいました。

これははやくポイント入りしなければと用意をし、ポイントに向かいます。

(つづく。)
  1. 2006/11/25(土) 16:53:34|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の中のカマス

昨日は雨の中、夕方から新宮港へ。

今日はさすがに誰もおらんやろーとふんでいたのですが、ポイントに着くと知り合いのカメラマン2人がすでに場所をキープしていました。

私「だれもおらんかとおもたのにー!(笑)」
2人「みんな考える事は同じやねー!(笑)」

まだ時合は少し早いですが、用意をして投げてみることにしました。

投げてみるとベイトはあたります。やはり雨で水温も下がり、表層にはベイトは少ないですが中層、下層にはいるようです。

時に80センチぐらいのシーバスが表層のベイトめがけてライズしています。

しばらく様子を見ていると、遠くの港湾先で投げていた人がヒットしているのが見えました。

みんな「おー、そろそろまわってくるねー!」

よしっ!と気合いを入れて投げます。

すると、徐々にあたりがでてきました。でものりません。

隣でピンクのシャッドを投げみるわ!と一人の人が言い投げるとそれが的中!

早速、ヒット!そしてまたヒット!2匹を上げました。

そして、白からピンクへ変えたもう一人もヒット!

まだ明るいのでピンクが良いようです。

これも予想してピンクを購入して来たのですが、僕にはヒット無し。。。

少し暗くなってきたので再度白に変えて投げますが、あたり無し・・・

周りの様子を見ると表層にはベイトはいなくなり、シーバスのライズもなくなりました。

そこで下層をゆっくり巻いてくると、グングンッ!と引いてくれました!

私「やっとヒットや!(笑)やっぱり下にいますよー。」

水温が低いので魚も寒いのかなーと話をしながら2匹目をねらって投げてみますが、あたりすらなくなりました。

雨も強くなってきて納竿。

サイズは大きいので40センチ越え、平均は30~35センチぐらいでした。

湾の先でしていた人は7匹釣ったそうです。朝は3:30ぐらいから良いらしいので、明日いってみよー。早朝カマス、マズメ以降はエギングで頑張ります。

  1. 2006/11/24(金) 19:50:01|
  2. ソルトルアー・ジギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カマス

昨晩は仕事が終わってからカマス狙いで新宮港へ。

ポイントへ着くと6人ほどが竿を出しています。4人はワーム。2人はノーシンカーフックにきびなごの餌釣り。
とりあえず、皆さんに挨拶をしてから間に入らせてもらおうと、皆さんに挨拶がてら様子を聞いてまわりました。

餌釣りの人は30~35センチほどのカマス10匹ほどとアタガシ、大きいアナゴ70~80センチ胴回りはゆうに10センチはあろうかというものをキープしていました。

ルアーの人はカマスを一人3匹くらい上げていました。

現況は潮は下げどまりに近く、ほとんど時合は終わりかけ・・・。ベイトはいて、シーバスがたまにガボッっとやっています。

友達のK.N君も途中参加して、餌釣りの人に頂いた餌とルアーで2人で頑張りましたが・・・やはりあたりすらありません。

K.N君もあきらめて帰り、後から顔見知りの人が何人か来ましたがはやり、数投して帰ってしまいます。

その人から夕方の様子を聞いても、今日は食いが渋かったということ。また今年はシーバスが多すぎるということも原因かなーと言っていました。

んー悪い情報がしか入ってきません。やる気メーターも下がりっぱなし。

でも何とか1匹は釣って嫁にお土産を持って帰らねばとやる気を振り絞って頑張りました。

1時間経過・・・あたり無し。周りに人気はなし。寒いし・・単調なキャスティングの寂しい音が闇に鳴り響きます。

しかし、夜中の1時を回った頃、前に大浜で一緒にジギングをした人が来て、孤独感はなくなりました。

投げながら、釣りや仕事やその他いろんな話をしますが、全くあたりはありません。

さらに1時間経過・・・グンッ!あっ!あたりや!やっとあたりがありました。あたりひとつに4時間かかりました。

釣れたわけじゃないですが、なんとなく満足感すらあります。(笑)

2人そろって、よし、今からやね!釣るでー!と気合をいれます。

そしてしばらくすると私にヒット!「ヒットしたでー!」と声をかけると、後でも「ヒットー!」と声がしました。

ダブルヒットでした。よし、もっと釣るでーと二人でさらに気合をいれキャスティングします。

横を見ると餌釣りの人が来て、釣りを始めています。少し観察してみると、すこし遠目に投げてゆっくりと巻いてあたりをとる釣り方のようです。浮きが沈まない程度にゆっくりまいていました。すると、スパッと浮きが沈みカマスが釣れています。2投目も同じようにしてカマスが釣れました。

こちらはあたりがまたなくなりました。カマスは湾内を移動しているでしょう。

しばらくしてやっと2匹目をゲット。しかしその後はまた続かず・・3時半納竿。

疲れたー!(笑)
  1. 2006/11/22(水) 21:03:56|
  2. ソルトルアー・ジギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アオリとカマスと強風

昨日の日曜日は朝の4時半からY.N君とN.O君と新宮港でアオリ狙い。

ポイントへ着くと・・・ビューッ!バタバタッと上着とズボンが風でばたつきます。

かなりの強風でした。まあ、追い風なので良しとして釣りを始めます。

まだあたりは暗く、風も吹き、防寒対策をしてきたのにも係わらずとても寒かったです。

友達とも話をするのは、「さむいね・・・」「うん・・さむいね・・・」という釣り以外の話題。

追い風とはいえ、ラインが吹き上げられるほどの風です。

何とかラインを着水させて釣りをしますが、エギも最低3.5号ディープあたりを使わないと風の影響が出そうです。

そして、上層、中層や藻の中を探りイカを探します。

そんななか根掛りでエギロスト・・しかもメインラインからぷっちん。

座ると寒いので立って足を動かしながらリーダーを結びます。

用意が出来て投げようとすると、体ごともっていかれるような強風が・・・負けるもんかと、その風にのせてエギをぶっとばします。

すると・・フリーフォールから2段しゃくりでショートジャークを2回入れてテンションフォールしようとしたところで、ゴンというあたりがあり、合わせるとギュンギュンと竿が少ししなっています。

近くにいたY.N君に「ヒットー」と言うと近くまで来て、上がってくるイカを待ちます。

Y.N「どう?でかい?」
私「いや、小さいわー、250~300ぐらいちゃう?」

上がってきたのはやっぱり300グラムのアオリイカ。

それからみんなやる気がでて、エギを投げますがあたりはなし・・・。

日が上ってもあたり無し。んー厳しい。結局1ヒット後、あたり無しでポイントを変える事に。

ここまで僕はエギのロスト3つ。Y.N君は2つ。N.O君は1つ。

今度、ここ潜ろうかな?(笑)

Yahooオークションでダイビング時に拾ったエギ400個ってありました。

ここもそのぐらい落ちているのでは?(笑)

それから移動してポイントを変えても、結局、あたり無し。

お昼まで粘りましたがだめでした。

ヒットエギ・エギ王Q 光宮 OF 4号
釣果:アオリイカ300g 1ぱい

--------------------------------------------------------------
夕方のマズメからカマス狙いで新宮港へ。

K,N君からのアラハダが入ってきてるでー。と情報を頂き、早速、家族が好きなカマスを釣りに来ました。
ポイントへ着くと、水面がチャパチャパいいベイトがわいています。たまにジャバッっと音がするのでカマスが捕食してるのがわかりました。

まずはワームでねらいますが、アタリなし。

次ぎはミノーで超スローリトリーブでねらいました。すると、1回目のあたりがありましたが、フッキングせず。
そして2回目のあたりでフッキングが決まり、合わせるとバシャバシャと音を立ててカマスが跳ねます。
そして上がってきたのは30センチのカマス。うまそう。

それから少しするとカマスは移動したようで、少し休憩。

またしばらくするとベイトが騒ぎだしたので再開。コンとあたりがあるもののフッキングせず。

そしてまたカマスは移動して行きました。

しかし、風が吹きあまりにも寒かったので、カマス1匹をお土産にして帰りました。

ヒットルアー:メーカー不明の金色のミノー(笑)
釣果:アラハダカマス30センチ 1匹

--------------------------------------------------------------
  1. 2006/11/13(月) 18:15:07|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナイトエギング

昨日の夜はナイトエギングをしに仕事が終わってから新宮港へ行きました。

Y.N君は8時ごろから先に行って釣っていたので、そこに合流で10時ごろポイントへ到着。

ポイントへ着くとY.N君は1匹つれたもののライントラブルでかなり困っている様子で、新しいメインラインを巻いているところでした。

Y.N君が「先に釣るなよー。」と私に声をかける中、私は集中力バリバリに水中アンテナを張り巡らせて釣りを始めます。

1投目あたり無しでしたが、2投目にクンとあたりがあり合わせると80グラム程度の小イカが釣れました。

小さいのでそれはリリースしました。

その頃、ようやく準備が整ったY.N君はエギング再開。

エギングはラインに不安があるとほんとに集中できないので、釣れないのではないかという気持ちに駆られます。

恐らくY.N君も一緒だったと思います。

私は藻が生えている場所を探ろうと場所を少し移動。

数投目でグンと引っ張る活性の高いイカがヒット。250グラム程のイカが釣れました。

そこにY.N君も呼び、一緒に釣ると、今度はY.N君に同じようなサイズのイカがヒット。

そして私の次ぎのキャストでは手前で、グンと引っ張り先ほどより少し引く450グラムほどのイカがヒット。

しかし、それからは風が強くなり、向きも悪いので場所を移動する事にしました。

湾内で追い風になる場所を探し、釣りを再開しましたが、潮どまりの時間であたりもなく終了。

Y.N君は小さいタコを一匹釣りました。

昨日は立冬でかなり寒かったです。でもこれからはサイズアップのイカが期待できるかな?

今日の釣果 アオリイカ 3はい
ヒットエギ:ハリミツ 墨族 ピンクゴールド 3.5号
      エギエスツー パープル/ピンク グラ ゴールド 3.5N
  1. 2006/11/08(水) 16:10:51|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオリイカ、5投連続ヒット

土曜日の夕方より新宮港へエギングをしに行きました。

昨日、まあまあのサイズをばらしてしまったので、そのリベンジです。

昨日のポイントの堤防中ほどに付くと、すでにポイントは中年親父さんで占領されていました。

しょうがないので堤防の先の方からおじさんの方へ向かって探ってみる事にしました。

風もなく丁寧に底取りし、さぐりますが、あたりはありません。

日が沈みきった頃、その中年親父さんは帰られましたが、釣れていないようでした。

そのポイントで投げてみるもののやはりあたりはなく、私も違うポイントへ。

次ぎのポイントに着き、1投目。

遠目でコンというあたりがあり、すばやく合わせると小さいイカがかかりました。

150グラム程度でしょうか。

2投目、同じように遠くになげると今度はグンともっていくあたりがあり、あわせると、グングンというまあまあの引きです。

まるまる太った580グラムでした。

3投目、2段しゃくりと横ダート2回を繰り替えすこと3回の後のカーブフォールでコンとあたりがあり合わせると、足1本で200ほどのイカがかかりました。

4投目は遠目、5投目は手前で、80グラムと100グラムほどのイカが釣れましたが、これはリリースしました。

よし、6投目も釣って記録更新と意気込むと電話がなり、急用のため帰らないと行けなくなり終了。

明日のエギング大会も参加キャンセルになりましたが、次の春イカの大会には入賞目指して頑張ろ。

釣果:アオリイカ5はい
ヒットエギ:エギエスツー パープル/ピンク グラ ゴールド 3.5N
  1. 2006/11/04(土) 23:25:57|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エギング三昧

金曜日は祝日で仕事はお休み。本日は磯にコメカミを釣りに行く予定だったのですが、K.N君の波があるとの情報に磯釣りは断念。

とういうわけで、昨日、杉原さんが使っているコンペを購入したN.O君に釣ってもらいたいので串本へエギング釣行。もちろんいつものようにK.N君も一緒。

5時にN.O君宅へ迎えに行き、K.N君宅へ寄り串本方面へ。
時間も大分まずめに近づいてきたので古座あたりでまずは竿を出すことに。

あたりなし・・・はい、次へ。

次は串本市内の国道脇をそれた手軽に釣れる場所へ。

時間もちょうど良く、潮の流れがよいテトラの列の角を取ることができ私が小さい型を1パイ。
しかし、その後はあたりもないので次のポイントへ。

次は江田港。

あたりなし。

次は和深トンネル手前の港へ。

まったくあたりなし。

いい加減ランガンも疲れてきたので、大島港へ。

港へ到着し、ポイントへとぼとぼ歩いていると・・グィーンと竿をまげている人が・・・。

あーやっぱり・・先日、串本のイカ釣り師が言っていたように大島でしかイカは回っていないようだ。

K.N君の友達も大阪から中紀方面へエギングをしに来ているようだが、メールのやり取りによると釣れていないらしい。

結局ここでも時合終了時にはじめたので全く気配無し。。

私が釣った小さいイカをN.O君に上げて帰路に着きました。

------------------------------------------------------------

夜になり、やはりリベンジに繰り出すべく新宮港へ。

行くとすでにY.N君が釣りをしており、一緒にさせてもらいました。

Y.N君はすでに2はい釣っていました。

少しポイントを変えて、10分ほど歩いた堤防の先へ。ここは藻が沢山生えていていい場所です。

しばらくすると私にクンというあたりがあり、合わせると200グラムほどの小さいイカが釣れました。

ちょうどそのころ、私の後ろでビュッ、バチン!という音が・・・Y.N君があわせ切れをしてしまったようです。

ワイルドで定評のあるY.N君、彼の力は相当なものです。久々のヒットでしかもグィーンと大きく引っ張ったあたりだったそうです。

8本練りのPE0.8号しかも昨日巻いたばかり・・・エギもなくし、メインラインも高切れ。イカも獲れず最悪パターンと嘆くY.N君。

これも勉強やで。次ぎ頑張ろう!Y.N君!

そして私は、藻の中を通すように探っていると、あたりがあり、合わせるとアオリとは違う変な引きが・・・コウイカでした。

それから小さいイカをもう一匹上げましたが、小さすぎたのでリリース。

しばらくすると、ベイトがよってきたようで、水面がバシャバシャしています。

その下にはイカがいるはずと・・・探ってみると・・・

グィーーン!あわせも効き、竿が曲がりさらに、グィングィン引っ張っています。

よっしゃ!まあまあでかいで!

しばらく巻いてきてもう少し・・とその時でした・・・フッとテンションがなくなり、痛恨のバラシ・・

エギはエギエスツーの3号だったのですが、エギエスツーは他のメーカーのフックよりも小さくフック自体も短いのでそのせいでしょうか?

エギエスツーの説明によるとエギのシッポ部分を細く絞り込んでいるためにフッキングには問題はないということですが。

とにかく残念。しばらくそのポイントで粘りましたが、あたりもなく終了。


本日のエギングの釣果
アオリイカ 4 
コウイカ 1

夜のエギングの釣果分も朝の釣行で磯の強行ランガンで迷惑をかけた上に釣れなかったお詫びにN.O君にあげました。
  1. 2006/11/03(金) 23:50:11|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Yusui

Author:Yusui
釣り大好きおやじです。1970年代生まれ。

妻・子供3人の5人家族です。みんな魚料理が大好きなのでたくさん釣らないといけません。

Flashカレンダー

カテゴリー

最近の記事+コメント

月別記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

釣りブログ

釣りブログチェックはこちら

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ エギングへ にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ ブログランキング【くつろぐ】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

アクアリウム