FC2ブログ

和歌山・紀南地方の釣行記

自然に恵まれた和歌山県紀南地方で釣りを趣味とするあるおやじの釣行記です。お気軽にコメントください。

アジ祭り

日曜日の夕方からN.O君と七里御浜へカゴ釣りへ。今回のアジ釣りは何回目のリベンジだろうか?(笑)

ポイントへ着く頃にはあたりは暗くなり始めました。浜の上から釣ることができ、とても釣りやそう。

沖をみると潮目も幾筋かできており、いい感じ。

用意をして1投目。ヒューンと3色程飛び着水。すると程なく、シュッと電気浮きが沈みました。竿を立てて感触を確認すると、クククッとアジの引きが伝わります。

上げてみると15センチ程の小アジ。

2投目も同じように小あじがヒット。3投目も。

どうやら、小アジがわいているようです。

程なく、N.O君にもヒット。サイズアップで26センチほどのアジ。

その後はほとんど1投1匹もしくは2匹の状態でアジ祭り!

脂ものってとてもおいしそう!

夜になり、山から風、また北の方から強い潮流がはいるとあたりはなくなり、終了。

大アジはつれませんでしたが、中アジを含めたくさん釣れました!

aji


終了1時間前からY.N君がガシラポイントで釣りをしていたので、N.O君とそちらへ車で移動。

1時間程で私が5匹。N.O君1匹。Y.N君は2時間半で15匹ぐらい釣ったそうです。(リリースを含む)

そして終了。みんな良い釣果でよかった!

gashira1-28


朝、アジをさばいて、腹を洗うと流水が白く濁るほどの脂が浮いてきました!うまそうです!!

まずは刺身で食べようかな!楽しみ!
  1. 2007/01/29(月) 17:07:39|
  2. カゴ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

尺メバル

ふっかーーーーーつ!!(笑)

最近の釣行でいい結果が出ていませんでしたが、やっと満足いく釣行ができました!

26日金曜日、午後10時40分、キャスティング開始。今日は手堅くガシラ狙いです。同行者はN.O君。

タックルはテキサスリグ。バレットシンカー5gに赤のビーズ、オフセットフック(#2)、ワームはバグアンツ(カサゴ職人-スーパーホログラム/ピンクグロウ)。沖の捨石に向かってフルキャスト!

あれ?捨石ないやん。どこに捨石がはいってるんだっけ・・・?たしかこの辺のはず・・・。では5メートル左に移動・・

再度、キャストして底をとると、ゴツゴツ・・・あったー。石が(笑)

と、その瞬間。ゴゴッ!グン!きたー!久しぶりの魚の感触!(笑)紛れもないガシラのアタリ。

あげてみると、24センチの奇麗なガシラ。顔はやはりイカツイですが、外海についているので、とても奇麗。

katsuo


右で投げていたN.O君に、きたでー!石はここから左やわー!と伝え、N.O君も私の左側へ移動。

再度、キャストするとまたまたヒット!2投連続のヒット。あげてみると、23センチのガシラ。すると隣でN.O君もつれたでー!!の声。

それから二人で場所を移動しつつ私はガシラを5匹。N.O君も3匹。二人ともサイズの小さいガシラを1匹づつリリース。今日はとっても楽しい。あたりもそこそこあるし。

干潮潮どまりからアタリがなくなり、潮が動き始めるまでねばりました。しばらくして潮は少し動き始めてきましたが、ちょっと疲れてきました。

じゃあ、ここでメバルでもおらんかさぐってみようと、テキサスから巨メバルカブラへチェンジ。このポイントで最近は大きいメバルのは釣れてなく、23センチ前後と聞いています。

1投目。1.8グラムのカブラですが、風にのって結構飛びました。

まずは表層をとカウントダウンせずにミディアムスピードでリトリーブしてくると・・・グン!!!グングン・・!お!?ガシラの引きじゃない。でかい!!巨メバル!?大アジ!?と、ちょっと迷ってたら・・・うわー。走るぅー!!

ドラグ設定はメバルのゴリ巻き用なのでかなりきつめ、大アジだったら、口切れするかもと走る方向へ私も少し移動。予想外のことでドラグを緩める余裕すらありませんでした(笑)。これをばらすわけにはいかない!かなりロッドとリール操作に気を使いながら寄せてきます。普段のようにN.O君を呼ぶ余裕もありません!ちょっと、おとなしくなり、石もないところまできたと判断し、ドラグを少し緩め寄せてきます。

重量感から寄せ波と一緒に上げないと上げれない・・・今、どの辺?周囲は真っ暗。さっと左手をリールから離しヘッドライトを付け、糸の角度を見ます。

もうちょっとやなー。と思った瞬間、また暴れます。うわー。頼むわー。神様。

なんとか押さえつけ、寄せ波と一緒に引きずり上げると・・・でっか!

巨メバル。

でかいの釣れたでぇ!!N.O君を呼びます。

N.O君「うわっ。ばりでかいね!よかったねー!」
私「おおきに!ばりうれしい!」

針はあごにかかってなく、丸呑み。口の中を見てみると上あごの奥の方に見えています。取り出そうとすると、ブチッ。フロロ4lbがメバルの歯ですり切れました。よかったー。海中で擦り切れなくて。

N.O君と一緒にメジャーで図ると、32.3センチ。ようやく尺メバルが釣れました!尺を釣ったらお刺身で食べようと今まで我慢していました。(今、ビールとメバルの造りを頂きながら、ブログ書いてます(^^)v 味は・・・あっさり、こりこり、うまいっす!)
shakumeba


しばらくして、終了。

ガシラとメバルをさばいて、胃を見てみると・・・こんなんでました!

bait2

ガシラ:フナムシ、イカ切れ端

bait1

メバル:アミエビ(大量)、エビ(1匹)、フナムシ(数匹)、シラスウナギ(1匹)。この辺りはアジを釣る人も多いのでそのアミエビを食べたのかな。

久々に満足の行く釣行でした。
  1. 2007/01/27(土) 02:36:44|
  2. メバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

タタリか!?

結果から言うと・・・アタリ無しのボーズが3回。

魚のタタリでしょうか?タタリほど釣ってないと思うんですが・・神様。

先週はまずメバル。夜中から2時間ほどの釣行でしたが、大潮ということもあり、ソコリど干潮で潮どまり。これは無理な釣行だったので分かります。

アジのカゴ釣りへも行ってまいりました。前日に大アジ16匹上がったところへいったのですが・・・まったくあたり無し。空を眺め、星を観測し、友達は焚き火をし、挙句の果てに携帯を落っことし、帰路に着いた時に気づき友達2人を巻き込む大携帯捜索。結局浜で見つかりましたが。皆さん、迷惑をおかけしました。

そして、串本エギング。10分かけて磯に下りたはいいが、すでに人がいっぱい。早朝5時前ですよ。皆さん、早起きしすぎです(笑)場所を変えて近くの漁港へ。まだあたりは暗く、場所を適当に見つけテトラの上からエギング開始。ポツポツ・・・雨か。寒いなー。アタリを見回すと何個かライトが付いている。んー何人かいるみたいだなー。そして、夜明けが来て、あたり無し。アタリを見ると・・・いるわいるわ・・1、2、3、4・・・・13,14,15・・人!?私を入れて16人!?こんなにエギ投げてたら・・イカもエギ鑑賞会で見飽きるわ!(笑)周りの人も釣れていない様なので、しゃくりかたをみて、違うしゃくりとヒットパターンを探るがあたり無し・・・やめた!と思ったけど・・大阪からの知り合いと偶然遭遇。ちょっと場所を変えて投げてみることに・・・テンション下がりっぱなしで、場所を変え、投げてみるが・・・やっぱりあたり無し。という具合でへこみつつ帰って、その後、娘とお出かけし、少し癒されました。

どうしましょう。

皆さん、ボウズの打開策おしえてください!(笑)
  1. 2007/01/22(月) 21:37:53|
  2. ソルトルアー・ジギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

メバリング

12日金曜日はY.N君、N.O君、K.N君と4人でメバリング。kirikutiさんと同行者の方もポイントへ入り、楽しく釣行してきました。

釣り場へ着くと、K.N君は一足先に釣りを始めていたので、調子を聞くと、ぜんぜんだめということで、明日の早朝の沖磯グレ釣りに備えてもう帰るということでした。

kirikutiさんもガシラ1匹ということだったので、少し離れた場所からたたくことにしました。

Y.N君は始めてのメバリングということで、一通り説明をし、二人で釣り開始。

3投目、沖目の底付近でもぞもぞ・・グンとメバルのあたり。きたでー!小さいわー!と隣で投げているY.N君に伝え、上げてくると21センチのメバル。2人で観賞し、リリース。

それから程なくまた沖目であたり。今度は先ほどよりもましな引きです。上げてみると、目測で25センチあるかないか。

私は25センチ以下はリリースすると決めていたので、上げたメバルをどきどきで計測。24センチ・・。

Y.N君は笑いながら、ないねー!!残念!!といっています(笑)

自分の中のルールですから、しょうがないです。リリースしました。

また二人で再開し、程なくY.N君が「おっ!きた!」と少し興奮した様子です。上げてみると22センチほどのメバルです。Y.N君も初メバルで嬉しそう。

それから私が22センチのガシラを上げ、離れた場所でしていたkirikutiさんに電話してみると、あたりなしということで、こちらへどうぞ!とお誘いしました。

その頃、N.O君も到着し、総勢5名。

ポイントに5名並んでは、すれてしまうと考えて私はちょっと休憩。kirikutiさんも休憩。鯵ingなどの世間話をしながら(nuemiさん、くしゃみしなかったですか?(笑))、一息いれていると、Y.N君の声。「おっ!でかいわ!」

上げてくるとおなかがぷくぷくのサイズのよいメバル。計測・・・28センチ。

初めてのメバリングで28センチをあげ、しかもラインはPE。(私はフロロです)楽しい引きだったことでしょう!

N.O君のところへ行ってみると、知らない間にメバルを上げていました(笑)

じゃあ、私も。とキャスティングすると1投目で手前でヒット。ガシラ21センチ。それから程なく沖目でヒット。グンと引っ張る良い引きです。上げてみるとまたお持ち帰りには微妙なサイズ。

計測・・・25.2センチ!やったー!お持ち帰りできるー!(笑)

それからkirikutiさんと同行者の方も帰り、しばらくしてあたりがなくなり納竿。

結局3人でメバルとガシラ7匹づつでした。

釣果
Y.N君、メバル28センチを頭に3匹、ガシラ2匹(初めてのメバリングで上出来の釣果。はまりそうということです)
N.O君、メバル1匹、ガシラ2匹(知らない間に3匹もあげてました)
私、メバル25㌢、24㌢、21㌢の3匹、ガシラ23㌢、22㌢、21㌢(25㌢以下はリリース)

ヒットルアー
リュウジクラフト 巨メバルカブラ ピンク 1.8g

mebaru3nin

  1. 2007/01/15(月) 18:53:06|
  2. メバリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やった!初アオリ!おめでとう!

エギングをはじめて何回釣行に行ったことか・・・何個のエギをロストしたことか・・・N.O君がついにアオリイカを釣りました!

9日、N.O君とナイトエギングで串本へ。今日は絶対にN.O君にイカを釣ってもらおうと意気込んでの釣行です。時間的に潮は悪くないし、風もほとんど無し。ただ月が厚い雲に隠れている・・ちょっと気になりながら串本・大島に到着。

最初のポイントは大島地磯。風もなくとても釣り易い状況。ただ月が出ていないだけ。

並んでポイントに入り、投げます。今回はN.O君が主役なので、横目でN.O君の釣りを見ながら、途中でアドバイスを入れたりと、きっと口やかましかったと思います(笑)

すると、「あっ!」とN.O君の声。

どうやら、アタリがあったようです。2回ほどグイッと引っ張ったということです。でも痛恨のばらし。

その後はは全くアタリ無し。私がタコを1匹上げただけでした。

ポイントを変えることにして、串本の地磯へ。

車を降りる時に、いつもは温厚なN.O君が「よっしゃー!」っと意気込んでいます。

空にはようやく月が浮かび、なんかいい雰囲気。釣れるかもという予感を抱きつつポイントの磯へ向かいます。

ポイントへ入り、2人でキャストします。

すると2投目あたりで、「あっ!きた!きたで!」とN.O君の声。

私「どう!でかい?」

N.O君「んー。多分小さいで!」

私「イカ見えてきた?上げれそう?」

N.O君「あっ!足、一本やわ!」

念願のイカです!ここで落とすわけにはいきません。私は「よっしゃ!!」とギャフを用意してN.O君のそばに寄ります。

イカを見ると500グラム程のイカ。左の触腕にかかっています。

私「いくでー・・よっと!」うまくギャフが掛かり・・

二人「よっしゃーーー!!!」

N.O君「やった!!ばり、うれしい!!」

N.O君も私も興奮状態で、よかったねー!おめでとう!と喜びを共感しました。

私「イカ絞め具もったある?」

N.O君「持ってない・・・」

私「貸したろ!絞めてみ!」

N.O君「おおきに!初絞めや!(笑)」

ブシュ!イカが白く変色し、締まりました。

私「袋ある?あげるわ!」

N.O君は袋にイカを入れ、そして二人で握手!

私「ほんまにおめでとう!!」

N.O君「ほんまにおおきによー。誘ってくれて。実は昨日俺の誕生日やったんや!これは神様の誕生日プレゼントやな・・」

今思い出しましたが、串本へ向かっている車の中での話し・・・

N.O君「俺よー、イカ釣った夢みたんや!3杯。大きくはなかったけど。」

私「まじで!?そしたら今日は釣れるで!頑張らなあかんね!」

やっぱり、正夢ってあるんだ思いました。

車に戻り、イカの計測。560グラム。

N.O君「次はキロアップ目指してがんばるわ!」

前回のブログで「仲間が釣れたら、自分は釣れなくてもいい」と書きました。

今回はその典型で、私は全く釣れませんでした!(笑)

有言実行!?(笑)
  1. 2007/01/11(木) 17:52:08|
  2. エギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

すっかりブログ更新が遅れて申し訳ございません。つい釣りに夢中になってしまいまして・・・(笑)

のんびり釣りはしていませんが、年末から昨日までちょこちょこと釣行を重ねてまいりました。詳細は忘れてしまいましたが。(笑)

とりあえず、携帯のメール履歴とその他思い出せる範囲で書いてみたいと思います。

12月29日
釣果:ガシラ:25センチ、23センチ、23センチ 計3匹

この日はK.N君の友達のO君と近場でメバル釣行。メジャーポイントにはすでに5人入っているという事で、違うポイントへ。しかし、この日のこのポイントは全くだめで、ポイントをかえる事に。メジャーポイントへ入っている紀南釣具センターの店長に連絡を取ると、そこもメバルがぽつぽつ上がる程度でポイントを変えるというので、一緒に他のポイントへ。しかし、ここではノーバイト。結局、もとのメジャーポイントへもどり、ここでガシラ3匹ゲット。さっぱりでしさんはジャスト30センチのメバルを上げました!

12月30日
釣果:アオリイカ700グラム、580グラム、アカイカ200グラム

ひさしぶりに串本へアオリイカ狙いの釣行へ。ナイトエギングです。メンバーはY.N君。N.O君。先に出発したY.N君はタコばかりということ。合流し、ポイントを地磯に変えることに。ここでは私とY.N君が1投目でダブルヒット。私が580グラム。Y.N君が800グラムのアオリをゲット。その後あたりがなくなったので、大島地磯へ移動。ポイントへ着くと、釣りにならないほどではありませんが波と風があります。Y.N君とN.O君は初めてのポイントということで並んでベストポイントへ。ストラクチャーの説明をして、私は少し離れたポイントへ入りました。3投目あたりでテンションフォールでグンとひっぱる、分かりやすいあたりがあり、上げると700グラムのアオリ。今日のイカはやる気あるやん!と少し期待していると、次はクンとひっぱるあたり。サイズが小さいなーとリールを巻いていると、アカイカが見えました。とその時、Y.N君とN.O君のライトが二つ付き、N.O君がギャフを持っています。Y.N君の竿は弧を描き、なかなかのサイズっぽい。自分のことのように嬉しくなり、地磯をジャンプしながら移動し、2人のポイントへ駆け寄ると1200グラムのアオリイカ。Y.N君の始めてのキロアップに3人でやったー!と喜びました。その後、風と波はだんだん強くなり終了。3人で喜びの握手をして釣り場を後にしました。Y.N君が財布をなくすなどのハプニングがあり3人で探し回ったというストーリーもありますが、内輪ネタなのでやめましょう。でも、仲間の嬉しい顔を見るのはほんとにいいものです!最近は自分は釣れなくても、仲間が釣れればいい!って感じになってきました。

ika800to580


1月1日
釣果:なし!(笑)

今年は初日の出&ヒラメ狙いで新宮大浜へO.T君と行きました。現場へ着き、用意をして、波をチェックすると・・・浜がない。浜が削られて波が勢いよく押し寄せています。これは厳しいなーと少し投げてみますが、やっぱりだめ。よいポイントまで届かない。こりゃだめだと初日の出を見て帰ってきました。その後、風邪で昼間はずっと寝てました。(笑)

hatsuhinode2007


1月3日
釣果:アオリイカ800グラム、400グラム

仲間がみんな行けないという事で、串本大島地磯へ単独エギング釣行。朝マズメ狙いでポイントへ4時半入り。お正月休みという事もあり、すでに各ポイントへは人が入っている様子。ベストポイントは取れませんでしたが、なんとか釣り易い場所を確保。まだあたりは暗いのですが投げてみることに。あたり無し・・・。昨日からたたかれまくっているポイントなのか・・まったく気配なし。マズメ前に丁寧に底取りして、ステイでかろうじて触りに来るやる気のないイカ。かすかなあたりを捉えようと、水中アンテナを張り巡らせて、かろうじて800グラム、400グラムをとりました。明るくなるとなんと回りはみんなエギンガー!9人ほどの身軽なエギンガーがすべてのポイントを押さえているようでした。他は全くつれていない様子。帰ろうかなーと思っていると、消防隊員の人が各釣り人に話しかけています。なにかなー。私のところにもくるかなー?と思っていたのですが、結局、私のところには来ませんでした。それから10分後・・・遠くからバタバタバタ・・・とヘリコプターがこちらへ近づいてきます。ん?と思っていると・・・真上へ・・その瞬間・・・ごぉーーーー!と上からたたきつけられるようなすごい風!うー。飛ばされるーと岩につかまりますが、ヘリコプターは頭上でホバーリングし、動きません。2分後、やっと動いて20メートルほど後方へ移動してくれました。なるほど・・・みんなに説明しに行っていたのはこのことだったのか・・・と納得しましたが、同時に疑問が!「なんで私には言ってくれなかったんですか!?」もう少しで真冬の大島地磯へ落水するところでしたよー!しばらく、釣りをやめヘリコプターを観察していると、上から人がロープを使って降りてきました。訓練のようです。携帯で写真を撮り、竿をたたみ帰りました。帰り道・・ポイントに入れずにうろうろしているエギンガーを何人見たことか・・(笑)その夜はひさびさに友達と呑みに行き、友達の「清家(しょうや)」という居酒屋さんで800グラムのイカを持込して、料理してもらいました。忙しいのにすみませんでした。美味しかったです。

heri1


heri2


1月5日
釣果:メバル24センチ、ガシラ24センチ、23センチ、22センチ

N.T君からのお誘いがあり、私とK.N君とメバル釣行。ポイントへ入りますが、この日は波が高く、巨メバルポイントへは入りずらい状況。しかし、男K.N君は「男の勝負やー!」といいつつ先端ポイントへへ入り、ひざ上まで波に入り、時に潮のしぶきでK.N君が見えなくなることもありました。顔は笑顔でつっていましたが・・(笑)私は、少し離れた場所へ入り、巨メバルカブラ白の緑皮でガシラゲット。
あまりに波があるので、湾奥から攻めるこに。3人奥から釣り開始。みんなが攻めるスピードを上げる中、私はゆっくりと波のない湾奥を攻めていました。するとグンと向こうあわせで、メバルの引きが。上げてくると24センチのメバルです。その後、ガシラを2匹追加し終了。K.N君は27センチのガシラをゲットしましたが、自然保護の為、リリースしていました。彼によるとメバルも25センチ以下はリリースするそうです。私も次からメバル、ガシラは25センチ以下はリリースしようかな。今までは20センチ以下はリリースでしたが、最近はあまりにも釣り人が多いし、ほんとに資源保護を考えないとと思うようになりました。

1月6日
釣果:メバル、ガシラ、グレの生態

この日は家族サービスで亀公園へ。娘は本物のウミガメをみて怖がっていました。その横には水槽。中にはガシラ、メバル、グレがいます!魚種は違うもののそれぞれ共通した生態を発見したり、違う部分を発見したりとためになりました。こういうのも次の釣行の時に水中アンテナの感度をチューンナップさせる材料になるなーと思いました。とりあえず写真を。手前がガシラ、大きい筒の中にいるのがグレ、小さい筒の横にいるのがメバルです。

suisou


1月7日
釣果:メバル27センチ、ガシラ22センチ(リリース)

夕マズメねらいでK.N君とメバル釣行へ。この日は風が強く、K.N君は風裏になる新たなポイントを探し、私はいつものポイントの風が少ないところに入りました。2人とも違うポイントに入ったので、携帯で情報交換をしながらの釣行です。
私のポイントでは風がやはり強くなかなか釣りになりませんが、風が弱くなったときを狙いキャストしました。あたりが暗くなり始め、いよいよ良い時間だなーと思ったその時、投げた巨メバルカブラが着水から3秒後にもぞもぞ・・グンとひっぱるあたりがありました。右に左にバシャバシャと暴れましたが、抜き上げると27センチのメバル。おいしそう。ちょうど、K.N君から電話があり、聞くと、20センチの変なガシラがつれたとのこと、色が変ということでした。メバルは今日はだめという事。その後、雨も降り出し、ガシラ22センチを上げましたが、これはリリース。そして終了。帰ってからK.N君からメールが届き、今日のガシラはヨロイメバルでしたと報告がありました。

DVC90025.jpg


というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございます。今度はまじめにブログ更新したい思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。では、今年も皆様にとってよい年でありますように。
  1. 2007/01/08(月) 17:54:40|
  2. ソルトルアー・ジギング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

Yusui

Author:Yusui
釣り大好きおやじです。1970年代生まれ。

妻・子供3人の5人家族です。みんな魚料理が大好きなのでたくさん釣らないといけません。

Flashカレンダー

カテゴリー

最近の記事+コメント

月別記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

釣りブログ

釣りブログチェックはこちら

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ エギングへ にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ ブログランキング【くつろぐ】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

アクアリウム